【シャネル】一生ものバッグにマトラッセ「ミニフラップ」がお勧めな理由4つ【CHANEL】

憧れのシャネルバッグはどれを買うべきか?

ファッション好きなら誰もが憧れるシャネルのバッグ。

シャネルはシーズンごとに数えきれないほどのバッグを出しています。

しかもここ10年くらいで尋常じゃない値上げを繰り返していて、どのバッグも40万円以上が普通になってしまいました。

なのでいざシャネルバッグを買おうとしたときに

  • 高額なお買い物なので失敗したくない!
  • 長く使えるものがいい!
  • でも商品が多すぎてどれを選べばいいか分からない!

と悩むと思います。

そんな人にお勧めしたいのがミニフラップです。

数あるシャネルバッグの中で、なぜこれが一番のお勧めなのか、順番に説明してきます。(*‘ω‘ *)

 

CHANELマトラッセチェーンバッグとは?

シャネルと言えば、このマトラッセのチェーンバッグですよね。

 

これはサイズが4種類もあるのです。

※価格は2019年3月現在

恐らく、みんながイメージするのは横25.5㎝サイズのミディアムサイズだと思います。

これらはすべて「クラシックバッグ」という、シーズンに関係なく通年で販売されている定番モデルで、基本的にいつブティックに行っても置いてあります。

クラシックバッグの特徴は、蓋が二重(ダブルフラップ)になっているところです。

永遠に変わらないシャネルの代表的なデザインという特別な位置づけになっているため、値段も他より高く設定されています。

にしても、ミディアムサイズで64万円って高すぎますよね。。。

毎年すごい勢いで値上げを繰り返しているので、昔からのシャネルファンもさすがに引いているようです。笑

でも、こうやって値段を上げることで希少価値を上げて、ブランド価値も上げるという効果を狙っているんですね。

 

お勧めのミニフラップとはどんなバッグ?

クラシックバッグがいかに高額か分かったところで、私が一番お勧めしたいのが、

ミニフラップバッグというシリーズです。

※日本だとミニマトラッセとか呼ばれることが多いかも。

 

デザインはほぼクラシックバッグと同じですが、ややコロンと丸みを帯びていて可愛らしい印象で、横幅が20㎝と小さいタイプです。

これもデザインが似ているのでクラシックバッグかと思われがちですが、これは定番商品ではなく、シーズン商品になります。

なぜならこちらは蓋が1つだから。

クラシックバッグの定義は必ず2重蓋なのです。

 

ミニフラップがお勧めな理由4つ

①シャネルを代表するクラシックなデザイン

ミニフラップは定番商品じゃないのに見た目はクラシックバッグとほぼ同じ。

違いは中の蓋とポケットの構造が違うだけです。

シャネルバッグを一生ものとして長く大切に使いたいなら、絶対にこのクラシックなデザインをお勧めします。

なぜなら、それ以外のシーズン商品は、もちろん素敵なデザインも沢山あるけど、どうしてもデザインに飽きがきてしまうし、トレンドが過ぎるとすぐに「時代遅れなシャネル」というイメージになってしまいます。

※例を出すと、昔流行ったカンボンラインなど。カンボンラインを今持っていたら懐かしすぎますね。。

実際私も、シーズン商品をこれまで5つくらい買ったことがあるのですが、5年程経つとやっぱりデザインが古く感じてしまい、だんだんと持たなくなり、結果全て処分してしまいました。

当時は20万円台のバッグが多かったので今より買いやすかったけど、今はシーズン商品でも40万円以上します!

そんな高価なバッグがたった5年で古くなってしまうなんて、すごくもったいない。

なので、長く大切に使っていきたいなら

クラシックデザインに近いもの=ミニフラップをお勧めします。

 

②ミニフラップなら30万円台で買える

ミニフラップのいいところが、デザインはクラシックなのにお値段が30万円台なところ!

定番マトラッセ(ミディアムサイズ)のほぼ半額です!←十分高いけど。

2019年時点で、ミニフラップのお値段は約34万円(正方形)、または約38万円(長方形)です。

※ミニフラップは正方形と長方形の2種類があります。その違いは別記事でご紹介します!

ミニフラップなら、30万円台でクラシックなデザインが買えるのです。

飽きがこなくて流行が廃れることもない、長く使えて費用対効果が高いバッグは、ミニフラップ以外にないと思います。

シャネルのクラシックデザインは今後も廃れることはないと思います。このデザインが無くなる時は、シャネルがシャネルじゃなくなる時ですね。それだけ価値があるデザインということです!

 

③ミニフラップは思いのほか荷物が入る

安いのはサイズが小さいからだし、物が入らなくて結局実用性のないバッグなんじゃない?

と思われるかもしれません。

私もずっとそう思っていて買わなかったのですが、ミニフラップは実は見た目以上に荷物が入るのです♡

なんと、容量はクラシックバッグのミディアムサイズ(25.5㎝・64万円)のものとほぼ同じ!

どうしてかと言うと、ミニフラップは蓋が1つだから。

定番のクラシックバッグは2重蓋といって中に小さな蓋があります。この蓋が邪魔になってモノが少ししか入らないのです。。。

↑クラシックバッグの二重蓋

この内蓋のせいで、見た目は大きいのに容量はミニフラップとほぼ同じ。という残念な結果になっています。

なので25.5㎝(64万円)と比べると、ミニフラップは容量はほぼ同じでお値段もほぼ半額。というお買い得感(?)のあるバッグなのです。

 

④中古品として高く売れる

シャネルバッグを長く使うつもりで買っても、いつかライフスタイルや趣味が変わって使わくなり「中古品で売りたい」と考えが変わるかもしれません。

そんな時、シャネルのクラシックバッグやミニフラップは、他のデザインよりも買取価格が高いそうです。

  • いつの時代も変わらないデザインで、変わらない人気&需要がある。
  • 新品で買うには高すぎるから中古で探す人が多い。

という理由からだと思います。

特にミニフラップは、最近とても人気で、海外のシャネルファンの間でもミニフラップはなかなかブティックで見つからないので買えない!と話題になっています。

希少価値が高ければまた中古市場でのお値段が上がっていきます。

ということで、もし気が変わって売りに出したいと思った時も、ミニフラップなら高く売れるので、より多くのお金を取り戻すことがでます。

 

まとめ

  1. シャネルを代表するクラシックなデザイン
  2. 30万円台で買える
  3. 思いのほか荷物が入る
  4. 中古品として高く売れる

以上、ミニフラップがお勧めな理由4つでした!

今ミニフラップは特に人気があるので、入荷するとすぐに完売してしまうような状況です。

私も欲しいと思った時は全国完売でした。

が、店員さんに次の入荷予定を聞き(このとき親切な店員さんを選ぶのが大事!)、

入荷が近くなったら頻繁にお店を見に行くことで、ついに買うことが出来ました。

(店舗に電話をして聞くのもありです。)

私はミニフラップの正方形と長方形、どちらも持っていますが本当に買って良かったです♡

実用性もあるし、部屋で眺めているだけでも可愛い♡笑

次は正方形と長方形の違いについては、次回書きたいと思います。(*‘ω‘ *)



ファッションランキングで10位以内を目指しています!
↓↓

ファッションランキング


にほんブログ村 ファッションブログ 大人可愛い系へ
にほんブログ村

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、ひな (Hina)です。普通のOLがプチプラアイテムを上手に使いながら、ヴァンサンカンのような上質でエレガントなファッションを目指します!