口腔外科でお勧めされた歯磨き粉は研磨剤なし・発泡剤なし!ジェルタイプの「ConCool コンクール ジェルコートF」

歯医者が推奨するのはジェルタイプ

先日親知らずの抜歯の相談で口腔外科に行ったのですが、その時歯磨きの仕方を改めて指導されました。

その時お勧めされたのが、こちらの「コンクール ジェルコートF 」。

 

ずっとクリニカを使っていた私ですが、コンクールの使用感の良さにハマってしまい3本もストックしました。

私は全然知らなかったけど、Amazonレビューが1500以上もあるのに高評価だし、すごい有名な歯磨き粉(ジェルだけど)なんですね!

コンクール ジェルコートの特徴

どの歯医者さんのサイトを見ても、歯磨き粉の選び方は以下の3つがポイントになっています。

フッ素濃度が950ppm以上含まれている

虫歯予防に欠かせないのがフッ素!これは必須項目です。

もちろんコンクールもフッ化ナトリウム(フッ素950ppm)が配合されています。

発泡剤が入っていない

クリニカなどよくあるペーストタイプの歯磨き粉には発泡剤が入っているので、歯を磨くと口が泡だらけになりますよね。

泡があるとそれだけで磨いた気分になってしまい、まだ汚れがあるのに歯磨きを終わらせてしまう人が多いそうです。

実はこの発泡剤って

虫歯予防としては、特に必要ではない成分なんです。

口の中がさっぱりして洗った気分になるだけなので、歯医者さんは発泡剤無しのものを推奨しています。

コンクールも発泡剤無し。

口の中が泡だらけにならないので、気が済むまでずっと歯を磨き続けられます。笑

研磨剤が入っていない

研磨剤は確かに歯のステインを除去してくれる効果があるけど、どうしても歯の表面を傷つけてしまうので、あまりお勧めできないそうです。

あと最近は、小さいつぶつぶが入っている「顆粒入りタイプ」のものがありますが、あれは絶対にダメ。

あの粒は自然に溶けないものらしく、歯周ポケットの中に入り込んで取れなくなるそうです。

そこに貯まった顆粒が原因で細菌が繁殖するリスクがあり、まったくお勧めできない、という話です。

コンクールの使用感

コンクールジェルコートの使い方は、ペーストタイプの歯磨きと同じです。歯ブラシに少量を取って丁寧に磨いていきます。

  • 泡立たないので自分の歯が良く見えて磨きやすい。
  • サッパリしたミントの香り。
  • 刺激も少なめ。
  • 歯磨き後は歯の表面がツルツル!

一番のお気に入りは、とにかく

歯の表面がツルツルになるところ!

自分の舌で触ると、前歯なんて本当にツルツルで気持ちが良いです。笑

しっかり歯をコーティングしてくれてる感じがするし、見た目もツヤが出ているように見えます。

コンクールに変えてから歯磨きがちょっと好きになりました。(*‘ω‘ *)

ステイン除去におすすめの歯磨き粉

ただ、コンクールは研磨剤無配合なのでどうしてもステイン除去の力は弱いです。

なので着色汚れが気になる人は、別途ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使うといいそうです。(週末だけ、など)

で、私が買ったのが「ルシェロ 歯みがきペースト ホワイト」。


これも歯医者さんのサイトで推奨されていたものです。

研磨剤を使わずに、歯質より軟らかくキメ細やかなLime粒子というもので歯の表面のステインを優しく落としてくれるそうです。

こちらもフッ素950ppm配合なので虫歯予防もできるし、発泡剤も無しなので口が泡だらけにならず磨きやすいです。

ただLime粒子のせい?なのか、磨き心地はかなりザラザラとしています。

でも歯磨き後はツルツルになってとっても爽やか!

ホワイトニング系って安いのから高いのまでたくさんあって悩むけど、やっぱり少々高くても歯医者さん推奨で歯に優しいものを使い続けようと思います。

まとめ

個人的に使用感はコンクールの方が好きなので、基本は毎日コンクールを使って、週に数回はこちらのルシェロでホワイトニングする、という感じにしています。

やっぱり化粧品もそうだけど、しっかり専門家の意見を聞いて、成分を確認して選ばないとダメですね!

ずっと歯磨き粉選びで悩んでいたのですが、やっと解決したので嬉しい!(*‘ω‘ *)



ファッションランキングで10位以内を目指しています!
↓↓

ファッションランキング


にほんブログ村 ファッションブログ 大人可愛い系へ
にほんブログ村